うさぎブレイバー: 2007年2月アーカイブ

2007年2月アーカイブ

久しぶりに大学の友達と集合。まるで男子校のような男だらけの理系学生の集まりに、舞い降りた一輪の花。おーい、この娘も呼んだんだー!えっと、今日の飲み会、下ネタはありなの?なしなのー??

俺ももうダメなオトナになっちまったんだね。酒が入ると、スケベなことが言いたくて仕方ないよ。でもそんなのオトナとしてよくないし、女性に不快な思いをさせちゃいけない。結構ガマンしたり、オブラートにつつんだ表現をしたりしてたけど、やっぱ周りにいたみんな、俺がフン詰まりみたいな顔してんの、わかってたみたい。

で結局、まあガマンできなかっただろうね。「みんな最近、セックスとかしてんのー?」って切り出したのは俺でさ、楽しい飲み会になったはずなんだ。あくまでも俺は。ただ、飲み会のあとにみんなに送ったお疲れ様メールに返信がほとんどないんだけど、えーっと、次回までに時事ネタとかで笑い取れるように修行しろっつことかな。

「男の数だけ性癖がある」という有名なことわざがありますが、例に漏れずそりゃーアタクシにもありますよ、ええ。問題はそういう部分を世間様の標準と比較して、自分はどのぐらい変態なのか、あーこれ飲み会とかで女の子に言ったら引くだろうなー、とかそういう感覚をちゃんと持つことじゃないかな。それがオトナってもんさ。

そうやって考えると僕なんかぜんぜん軽い方ですよ。ジャージ姿の女性が好きとはいうけど、ナースとかスチュワーデスとかの衣装には興味がないんだ。だったらむしろ、吉野家の店員の格好とかのほうが燃える。つまり、やっぱりどこか生活に根ざしていないとダメなんだろうね。

と言う話をしてみたところ、「結局のところ、変態なんでしょ」って言われちゃったので、や、だから確かに俺は変態かもしれないけど、かなりライト級なんだぜって反論しましたところ、「ライト級チャンピオンだね」って言われちゃいましたよ。

まさかこんなところでベルトを手に入れようとはね。どうも、ライト級変態チャンピオンです。

ログ

Powered by NINJA TOOLS