うさぎブレイバー: 2010年7月アーカイブ

2010年7月アーカイブ

なんかしんないけど、職場の人はみんなオシャレなので、俺のようにド田舎から出てきたうんこキッズは、素直にみなさんにHow to オシャレを聞いてしまうんよ。

そして今日のテーマは「スーツのちょっとしたオシャレ」であります。つまるところ、高いスーツを買う甲斐性がないんで、ワンポイントでオシャレを気取りたい、と。そこで私が注目したのが「カフス」ね。これはぐるっとまわって、オシャレアイテムなんじゃなかろうか、と。んで職場のみなさんが言うには「着眼点は良いんじゃないか」みたいな。あたーーっす!!

なんだけど、「でもさー、カフスでオシャレ気取るんだったらやっぱ時計じゃん?」って話になってしまった。時計はねー、欲しいんだけど、むしろスーツより断然高いじゃないすか。だからだめ。時計ダメ。

そしたら「じゃあ、靴だな」って。あーー!たしかに!オシャレは足下からっていいますもんね!そっかーとびきりの靴を買えばちょうオシャレじゃん!って思って「して、オシャレ靴ってどんなもんのお値段なんですか?」って聞いたら「オーダーメイドで20万くらい」だってさ。俺のスーツ4着買えるわ。オシャレむずかしい!

このくそ暑い中、電車ってのは一時的なオアシスです。なぜなら、えげつないほどの冷房が効いている。そらそうだよな~。JRも「暑い」とかそんなことで客にキャンキャン言われるのめんどくさいから、やっぱり冷房は「強」にしておくよね。地球温暖化はエアコンで阻止します!くらいのね。

でもやっぱりおっさん(俺含む)は汗をかいていて、満員電車とかでウデがぶつかるとベタっとしていてテンションがさがる。うわーおっさんベタベタしてる!って思う。でも俺もおっさんだし、きっと向こうもいやな気分なんだろうな~とか思うと許せてしまう。俺は、どんどんオトナになった。

そういえばこないだ羽田経由で出張しなきゃいけなかったんだけど、京急が遅れてますっつーんで飛行機に遅れないためにもJRで蒲田まで出て、京急蒲田まで走った(時間距離にして、徒歩10分くらいのところ)。したらもう、びっちょびちょになるのね。夏ってステキだね。

ギリッギリで空港ついて、手荷物検査からダッシュで搭乗口へ向かって、やっぱりビチョビチョで、現地に着いたころにはなんだかもう、サッカーを一試合終えたあとみたいになってる。スーツで。でも仕事だし、客先でプレゼンみたいなことをするんだけど、自分で気付くくらいに汗臭かったので、事の経緯を説明し、プレゼン冒頭で「えー、私が汗臭い!と感じる方もいるかもしれませんが、それも私の個性ということで一つよろしくお願い致します」っつったら場が和んだ。夏の思い出がひとつ増えた。俺は、どんどんオトナになった。

草食男子なんてろくなもんじゃないよ。もしあなたの周りに「ぼく、草食男子だから」みたいなヤツがいたら気をつけろ。甲斐性のないしょーもない男か、逆にむちゃくちゃスケベかどちらかだ。

で、前者のはなし。後輩が「ぼく、彼女とか特にいらないです」って真顔で言うもんだから「嘘つけこのボケが!」て言ってしまったわ。でもそれは俺だけじゃなくて、周りに居た女の子も「いや、恋はしたほうがいいよ!」みたいな、なんだこの飲み会は。もっと下ネタとか話したい!なのにそっから先は草食男子トーク。なんか負けん気もぜんぜんないし、お金に対しても執着がないし、この子は本当にだいじょうぶなのか。この社会の荒波に揉まれても生きて行けるんだろうか。

しまいにゃ俺も酒が入ってきて、「それでも、彼女とかいらないです。恋愛とかあんまり。。」なんて言うもんだからまじ説教。しかも俺ったら、サッカーにたとえちゃう。「だからお前、最後の最後はやっぱ一対一の力なのよ。思い切って縦にドリブルしないと、相手には脅威にはならんのよ。ゲームは動かんのよ。で、失敗してもええのよ。『俺は縦にだってドリブルできるんだ』ってところを見せつけてやるんよ。なんどもチャレンジして、いつか突破できるんよ。そしてゴールが一瞬でも見えたら、シュートを打つんよ。チャレンジしないと、ゴールは見えんのよ」って。

そしたら「えっと、何でサッカーの話なんですっけ」っていうもんだからもうちょっと、お前表に出ろこの野郎!!

とある歴史の本が欲しくなって、わりとでかめの本屋にいったんよ。やっぱ、歴史に学ばなきゃダメ。俺、博識になりたい。んで仕事場や家で「昔、○○という人がいてだな。。」みたいな説教じみたことを言って、うっとおしがられるじじいになりたい。

んでね、どこにそれが売ってるかなんてわかんないから、店内にある「在庫検索」みたいな機械で検索をかけたら、その結果待ち画面に「100万件のデータから検索しています」って出たので憤慨した。

いや、何万件データがあるかしらんけどさ、お前機械のクセに俺にがんばってますよアピールしてどうすんだ。そんなん言うなら、俺だって毎日ウン千メートルって距離を乗り越えて会社に行くし、ウン万文字もキーをタイピングするんだぞ。まいったかこの野郎。

そしたら結局「在庫がありません」と抜かすので、もうなんていうか、お前帰れよ。

半袖のワイシャツをよく見かける季節になってきましたよ。ところでさ、あれ、ダサいよね。もっと言うと、ないよね。ないわー!

そもそも仕事でお客様の前に出るって事は、正装っつか、ピシッとした服装が大切。スーツの袖からは、ワイシャツの袖が少し見えているのが正解。これは、マナーの面や、スーツとワイシャツの関係からしても、間違いの無い事実なんです。俺スーツ屋で聞いたから間違いない。

んだけど、半袖ワイシャツ着て、その上にスーツの上を羽織っちゃう人いるでしょ?あれはダメなの!恥ずかしいことなの!マナー的には、全裸で舞踏会にでかけるみたいなもんさ。まぁ、世界中探せばむしろそれが正解って舞踏会もあるかもしれないけどね。あるのかな。

って思ってたんだけど、結構みんな半袖ワイシャツを着ているんよ。オシャレだと思ってた先輩が着てきたときは愕然とした。お前もか、ブルータス。

そして一瞬半袖ワイシャツを、着てみようかしら、なんて思った自分を呪った。いかんよ!ポリシーを持たない男にはなりたくない!きっとそんな好奇心が人を間違えさせて、クスリや痴漢に手を染めていくんよ!

だから誓った。俺は半袖ワイシャツは着ない。それがワシの生きざまじゃけえの。(汗だくびちょびちょでキメ顔)

ちょっと仕事で、いろんなところに電話する機会がありましてね。

まー、知らないところにいきなり電話かけるもんだから、だいたい相手にされずに「今回はまあ、いいっす」とかで電話切られちゃう。まあ、そういう仕事も経験としてはアリだ。すっかりサラリーマンだね、俺。

で、とあるところの、電話対応してくれた方(女性)がなんていうか残念で、こないだ電話したら「あー、わかる人間が今いないのでちょっとなんともー。。」みたいなことを言うんよ。じゃあってことで、また1週間くらいしたらこちらから電話しますー、みたいになって電話切った。

で、一週間経って、「先日お電話させていただいた件、いかがです?」ってきいたら完全に忘れてたわーみたいなかんじで「いや、まだわかる人間がいないのでー」ってんなバカな!って思ったけどオトナなので、「じゃあ、郵送とかメールとかで詳しい内容をご連絡させていただきたいのですがー」って言ってみた。

「あーーーー、郵送。うーーーん。。。」
「メールでお送りすることも可能ですよ。」
「うふん」
「(うふん、じゃねえよ)」
「んーーー。。。」
「どちらでも、すぐに対応しますので」
「うーーー。。。」
「・・・」
「いや、まだ、いいです!」

ってお前!「まだ」ってなんだよお前!処女か!って思いました。

これだけ人気になってくると無視できないのがAKBだよね。ほんとに48人おるんか、っていうところからスタートしました。私の場合。

なんか、2軍とか見習いみたいなのもあわせると48人より全然多いらしいね。んで、一番人気ある子?あっちゃん?っていうの?くらい。その辺まで覚えた!そしたら、その妹分みたいなかんじでNMBってのがいるんだって。なんばでNMBってことだよね、たぶん。さあ、もう着いて行けなくなってきたわー。

こうなってきたらもう、なんでもありなんじゃないか。名古屋だったら、栄がメインどころなのかな?SKE48ですよ。北海道はSPR48か。で、女子だけじゃなんかフェアじゃないから、残念な男子を集めてRDT48ってのをつくればいいんじゃないの。で、AKBやらNMBと対決させたらいいよ。秋元康さん。

ちなみに、RDTの「R」は「Real」です。DTは、DTですよ。

「耳をすませば」を見た。ジブリファンの方には先に謝ります。ひととおりみて「とんだ茶番だぜ!」って思った。思ってしまったものは仕方ないのでご説明しますと、そう思ったポイントは主に2つ。

 ・ちゅうがくせい的恋愛だけど、結構ドロってる
 ・ラストシーンがひどい

というこの2点が決定打でした。とくにラストシーンね。「えーー!そういう〆!?」みたいな。

ほんとはみんな、この映画そんなに好きじゃないんじゃないのーって気になって、amazonのレビュー見たら、軒並み高評価。あっれー?みんなこれでいいの?ちゅうがくせいすぎやしないか?そんななかで、レビュー記事に書いてあった一行、「この作品は汚れてしまった人間には見ていられないだろう」。

このレビューは参考になりましたか? (はい)

七夕が近いからってことで、近くのスーパーに短冊が飾られていたよ。小さな笹だったけど、カラフルなたくさんの短冊がつり下げられていたのでちょっと見てみたら、

「はやくヤれますように」

って。いやー、なんつーの。ケーキ屋さんになりたいとか、プロ野球選手になりたいとか、そういうのを期待してたので結構カウンターくらった。ちゅうがくせいの素直な気持ちを天に届けるこのスーパーの勇気もすごい。っていうかちゃんと添削しろよ。

ログ

Powered by NINJA TOOLS