うさぎブレイバー: 2010年9月アーカイブ

2010年9月アーカイブ

職場でみんなのケータイが一斉に鳴って、騒然となった。ドコモかなんかのサービスで、災害通知のメールらしい。内容は、「福島で地震発生、もうちょっとしたら東京も揺れるぜ」とのこと。

このサービスって要る?だって、受け取った側がなにをすればいいのかなんてわからない。結構大きな地震がくるぜ!ってメールだったもんだから、職場でちょっとあわてちゃったよ。やべーどうしよう!みたいな。でもみんな「トイレ行っとけばよかった!」とか「お茶飲みたかった!」とかそんなレベルでしかあたふたしていなかったから、今日も平和だねって思ったよ。

結局、東京まで揺れることはなくて事なきを得たんだけど、本当に大地震が来た場合は、メールを見た数十秒後にはみんな死んじゃうのかも、って考えるとやっぱ、このサービスちょうこわいね。できれば最後のメールは多少ボケてほしい。「な、南無三!」とか。

今年の夏は本当に暑かったよね。この東京で一番「暑いな〜」って言われてた場所のひとつが、ウチの会社のオフィスなんじゃないでしょうか。みんな暑い暑い言いまくり。特に月曜の社屋は、土日に照りつけた日光の熱をたっぷり含んで僕たちを迎えてくれるわけで、正直しんどい。

でも、もっとしんどいのが総務部ね。みんな暑さでイライラして総務に「暑いんですけど」って文句言いに言っちゃう。

で、ウチの総務のみなさんもとてもできた方々なので、はいすいませんーっつって、ビルの管理部門まで駆けてって温度調節をお願いするんだって。俺だったらもうめんどくさくなって、うるせー!っつって。あんまりうるさいヤツにはガリガリ君渡して「これで黙れ!」って言ってしまいそう。

そして季節は過ぎ、いきなり秋がやってきて今日は11月初旬くらいの気温。そしたらみんなさみーさみー言うし、メッセンジャーに「俺の席寒い」アピールしちゃう。もちろん総務にも苦情が多々あるんだけど、ちゃんと対応してくれる。んで「はー、これでちょっとは仕事に集中できる!」とか抜かすダメ社員の心を落ち着かせる。

「たいへんすねー」って総務の方に言ったら、「君みたいに、わかってくれる子がいるだけで嬉しいんだよ」だって。なんか、ええ話やん!

よく「俺、変態だから」とか言っちゃう子いるよね。でも、よく考えてほしい。そんなに簡単にプロ野球選手や弁護士になれないように、変態にだってなかなかなれない。俺だって、まだまだ変態にはほど遠い。

「俺変態だから、リクルートスーツの女の子が好き!」とか、ちゃんちゃらおかしいよ。それは変態ではなくて、ふつう。みんな結構好きだよ。リクルートスーツの娘たちは若いから、結構うかつにジャケットを脱いじゃって、シャツのボタンも空き気味なのがエロい!とか言うんだろ。そんなの本当にふつうじゃないでしょうか。

じゃあお前、いったいどんなもんだよって思ったあなたに私が本日ぐっときたシーンをお伝えしますと、22時で診察を終える歯医者が駅前にあって、22時半くらいにそこを通ったら、けっこうギャルい感じの女の子が2〜3人出てきたんだけど、この子たちは歯科助手なんだよねたぶん。昼間はあの歯医者独特のマスクで、結構適当に患者をあしらってるんだよねたぶん。でもいまは、ヒラヒラっとした服を着てるんだね。

ってので、ちょっと、もりあがりました。これ、わかってもらえないでしょうか。

こないだ居酒屋行った時、「シャンディーガフ下さい」って店員さんにお願いしたのね。シャンディーガフが何か分からない人は検索してね。俺もつい昨年くらいに知ったので安心して!

そしたらさ、「えーちょっとまってください」っつって店員引っ込んじゃって。しばらくして「本来ならメニューには組み込まれていないんですが、ジャンジャーエールがありますので特別にお作りしますね」とぬかす。これはこれは、ご丁寧に。まあ機転効かせてくれてありがとうございますー、くらいの気持ちでいた。

んだけど、お会計の時レシートみたら普通に「シャンディーガフ」って書いてある。ってことは、レギュラーメニューとしてあるってことだよね。メニューに登録されてなかったら「その他ドリンク」とかってなるはず。

ってことに気づいてから、もう俺イライラしちゃって。なんで特別感演出したん?なんでいらん嘘ついたん?と思って。アッタマきた!と思ったんだけど、それをその店員や店長に言わないで、このニッキに書いちゃうのが俺らしさ。

そりゃ今年の夏は暑い、って話はここに何度も書いたし、夏が嫌いな自分にとっては本当につらかった。仕事で外出になったら汗だくだし、家に帰っても暑さで寝れなかった。だから、涼しくなることを望んでた。35℃を超えたら、もう本当に大変だってことはよくわかったよ。

けど、その問題に対する回答が「台風」ってのは、どうなんですか地球さん。ちょっと極端じゃありませんか。そしてその日、仕事で外出になっていた俺の気持ちとスーツをどうしてくれるんですか。

東京でもっとも雨がヒドかった14時ごろ、ギャグかと思うような雨の中客先へ移動。スーツのパンツがびっしょびしょ。気持ちは瀕死になって客先着いたら、びしょびしょの俺をみて引いとる!引くな!暖かく迎え入れろ!

そんなこんなでげんなりして、帰宅してテレビつけたら「週末は晴れるでしょう!」ってさ。週末は名古屋へ行く予定があるんだけど、そしたら名古屋35℃なのな。だから、その、地球!

こないだのニュースで、こんだけ暑いもんだからプロ野球のデーゲームを減らしてくれないか、みたいなことを選手団体から正式に伝えたってのがあったけど、それってがまんしなきゃいけないんじゃないの?

デーゲームが死ぬほどつらいことはよくわかる。こないだ屋外フットサルを昼にやって、死ぬかと思ったもの。っていうかあのグラウンドにいた人の大半は、若干の熱中症になっていたのを必死で隠していたしね。なんの罰ゲームだよ。

だけどプロ野球選手が「いや~、昼はきついっすよ!」とか言っちゃうのは、やっぱダメ。高校生は甲子園を目指して毎日練習している。なのに、目指すべき最高峰であるプロの先輩方が「昼だりー」って言っちゃったら、甲子園だってナイターにしませんか、とか甲子園ドームにならねーかなーとか言い出すに決まってる。野球ゆとり世代が生まれてしまう。

こないだガイアの夜明けで「ゆとり世代が使えねー」っていってたよ。世代のせいにされちゃう彼らもかわいそうだけど、そんな世代を生み出さないためにも第一線でビっとしてる人が必要だよね。そういうわけなのでプロの人は暑くてもがんばってください。

もう何度も書いてきたけど、あつい。ほんとあっつい。しんどい。でも僕達はオトナになった。あの頃は「オトナになんか、なりたくない!」って思ってたけど、オトナになってよかったと思うこともある。それは、おかあさんに怒られずにエアコンをつけられるってこと。

で、エアコンをつけても、涼しい風が出ない。風そのものは出るよ!でもぜんぜん涼しくない。あれ、えーっとエアコンさん、その作業は扇風機先輩でもできることだし(むしろ送風力で言えば先輩の方が優秀だし)、そういうのじゃなくて、涼しい風、お願いできませんかね。まあ今年の夏はむちゃくちゃ暑いし、大変だと思うんですけど、なにとぞ!

一向に涼しい風が出ない。ベランダに出て室外機見たら、まあ、それなりに回ってるけど、結果が結果だけにやる気が感じられない。アッタマきたので、温度を18度に設定して、風を「強風」に設定したのに、なまぬるい風が俺の前髪をファッサーってやるだけだった。

ダメだ。この子アカン子だわ。アカン子になってしまったわ。と思ってそのままにしてしぶしぶシャワーを浴びて戻ってきたら、部屋がキンキンに冷えていました。えー、なんかめんどくさい子だなあという思いをぐっとこらえ、「わあ、超涼しい!すごいすごい!」って誉めておきました。次回もヘソを曲げずにがんばってもらいたいところです。

ログ

Powered by NINJA TOOLS