うさぎブレイバー: 2010年10月アーカイブ

2010年10月アーカイブ

会社の定期健康診断の結果が返ってきたよ。評価C。尿酸値高め。つまり痛風予備軍。周りの同年代の方が「オールAだわ」とか「視力だけBだわ」とか言っている中で、輝く私の評価シート。評価、C!

まー実はわかってた。親父も高血圧だったし、腎臓ちょっと悪くしてたし、半分は遺伝。そこまでは良い。受け入れた。27歳だけど、あと50年も人生あるとすればだよ、やっぱりちゃんと対策しておかないと。20歳頃の俺なら「そんなもん気にするなよ!」とか言いそうだけど、だめだめ。だって、通風ってすげぇ痛いんだって。靴もはけないんだって。だからだめ。俺はオトナになった。オトナは、靴を履くのさ。

して、対策ね。あっという間にWebで調べた。そしたら「痩せること」って書いてある。んだけど、俺決して太ってないんよ。とても標準的。だからこれパス。そして「適度な運動」って書いてある。俺、フットサルとかマラソンとかやるんよ。だから、これは着手済み。残されたのは「禁酒(とくにビール)」のみだと知って、絶望した。だってビールは、サラリーマンにとってはとても欠かせないアイテムだ。

人生のこり50年。ビールを俺から取り上げるなんて、あんまりじゃないですか神様。でも仕方ない。受け入れる。病気はやっつけるものじゃなく、うまく付き合っていくものだって、誰か言ってた。だから、今夜くらいは「これからよろしくな」っつって痛風と乾杯したい。ビールで。

こないだ雨が降った時、電車に乗っていたら、女の子がカサを忘れて下車していった。急いでいた風味だったのだけど、「あ、カサ忘れてますよ!」って言えば、あの子はカサを忘れずに済んだ。けれど、それが言い出せなかった。それでは次の曲、聴いてください。「I'm shy boy.」

んでね、ちょっとの勇気で人が幸せになるなら、ちゃんと勇気出さなきゃなってそのとき思ったんよ。そして勇気を試される瞬間は今日やってきた。目の前の階段を歩いてるお姉さん、ストッキングが伝線しとる!

いや、ちょっと待てよ。「ストッキング伝線してますよ」って、言っちゃダメなんじゃないか?つまるところ、「私はあなたの足に夢中でした」って言っちゃうようなもんだし、お姉さんもすぐに解決できる問題でもないし、ただ辱めあうだけなんではなかろうか。あ、「辱めあう」って今タイピングして気づいたけどすげーエロい感じ!

そしてお姉さんは、朝のせわしない雑踏の中、伝線したストッキングを履いたまま消えて行った。本当の正解はなんだったのか。正義とはなんなのか。ぜひともハーバード大あたりで議論していただきたいテーマである。(27歳・会社員)

ノーベル賞をとった人の特集を、どのニュースでもやっているよ。んで、「影で支えたのが、奥様の存在」って展開になるんだけど、どうして彼らは自分の妻のことを「ワイフ」と呼ぶのでしょうか。

まー、外国で生活してたってのも大きな要因だと思うけどさ、俺テレビで「ウチのワイフが」とか言えんわー!なんか、かぶれてる感だわー。そしてちょっと、エロい気がするわー。「ウチの家内が」「奥さんが」「カミさんが」全て可。でもワイフはないわー!

でも、俺もやっぱり男だから、ノーベル賞のひとつやふたつ、目指していかないといけないのかな、って思うと、まずは形から入りたい。ってことで、飲み会で「うちのワイフが」とか言ってみるのがまず第一歩か。ノーベル賞って、大変だなぁ。

ログ

Powered by NINJA TOOLS