うさぎブレイバー: 2010年11月アーカイブ

2010年11月アーカイブ

以前、「ハイパーメディアクリエイター」っていう職業の方がちょっと話題になったじゃないですか。あんなもんが俺の娘と結婚したい、って言ってきたら、「それで結局、君は何をやってる人だね」ってなっちゃう。ハイパーメディアクリエイターなんて言われて「立派なお仕事ですね」なんて言えるはずがない。まあ、その前に俺には娘はいないのだけれど。

で、今度は「キャンドルアーティスト」ってのが出てきたでしょ。キャンドルアーティスト!?しかもだよ、名前がキャンドル・ジュンって、それギャグじゃなくて?まじで?ってなるよね。そんな奴には、娘はやらん!ってなるよね。だってそうしないと、娘の苗字が「キャンドル」になってしまう。そんなのフビンだ。まあ、俺には娘はいないのだけれど。

もうなんか、「コメディアン」とか「舞台役者」とかの方がまだ信用できる肩書きだよ。そして圧倒的なのはやっぱり、「サラリーマン」の揺らがぬ安定感ね。世の中学生に伝えたい。「サラリーマンだけにはなりたくねーなー」とか言うんじゃない。この世で一番アツく、楽しく、時にしょーもないけれど、やっぱりやめられない職業、それはサラリーマンなんだぜ!俺は一生、サラリーマンでいたい!

ところで話は戻るけど、「娘はやらん!」って言ったあとで、キャンドルアーティストともうデキちゃってるって話になると親父としては「えー!娘!おまえ、ちょ、もうー!!」ってなるよね。やっぱあの娘、アカン子やと思うよ。

所要で埼玉へ行って、ちょっと時間が出来たからぷらぷらとその辺を散歩してみたら公園があったので立ち寄った。手作り感あふれる遊具が充実した、土だらけの公園。いいね。でもその一角に、遊具と同様に土だらけになったスネアドラムと、アコースティックギターが置いてある。

えっと、最初は、ちょっと理解できなかった。えー!って。んなバカなー!って。でも、時間をかけて理解した。これも、遊具として公園のオーナーさんみたいな人が置いてくれてるんだよね。そばには「すぐに弾ける!アコースティックギター」みたいな本も置いてあった。土だらけで。

小さいうちから色々なものに触れることは、きっと教育上とても良いことだと思うのだけれど、それでも土だらけの公園にこんなドロだらけのギターってどうなんだ、って思った。まだ心のどこかで、全てを受け入れられていなかった。でも時間をかけて理解した。ここにある姿こそが、本当のロックなんじゃないかってこと。こういうところで長渕とかは育ったんじゃないかなって。そう思えてきた。埼玉、すげぇわ。フロンティアだわ。

いや、やっぱちがうだろ、ってことに東京に戻ってから気づいた。

会社のセキュリティレベル向上!っつんで、やれいろんなファイルにパスワードをかけろとか、引き出しに鍵をかけろとか。昔と比べて面倒な世の中になりましたね。でも、そういう時代ですからね、しっかり対応しないといけない。俺も大人になったね。

んでこないだ、「離席の際は、必ずパソコンをロックすること」というルールまでもが適用されました。ロックってつまり、win+Lのことね。でもそんなのみんなすぐ忘れちゃうから、課長からお達しがあって、3回忘れたらチーム会議でモノマネをやらないとダメ、ってことになった。

でも、やっぱり最初みんな忘れちゃって、「はい、ワンナウトー!」みたいな感じになる。課長が、他人がロックかけ忘れてたら、代わりにかけてあげてもよい、というルールを追加したので、みんながお互いを守るために必死になってきたよ。

つい昨日も、またロックをかけわすれそうになった方がいて、課長がウッキウキでモニターを覗き込もうとした瞬間に隣に座ってた方がデスクを滑り込むようにwin+Lでロック。「だいじょうぶです!ロックされてます課長!あぶなかったー!」みたいな。

日本のセキュリティは、このようにして守られていくのです。

結婚式を挙げました。おめでとう、ありがとう。

んで、親友と思っていた人間に余興を頼んだのだけれど、スベるスベる。司会の方が「ちょっと、この空気どうする!?」みたいな雰囲気で俺を見た時は麻酔銃で奴を撃とうと思った。そのぐらいスベった。

後日怒った。「お前もうちょっとしっかりやれよこのやろう!」みたいな。彼にも彼の言い分があったのだけれど追いつめまくったら「あーーもういいよ!ハイハイ俺が悪いです。すいまてーん」みたいな感じ。アッタマきた!!

ってことで、いずれやってくる彼の結婚式で嫌がらせをすることを神に誓ったのだけど、スピーチで下ネタを織り込むとか、そういうのじゃダメだ。そもそもスピーチさせてくれないかもしれない。ご祝儀をこどもぎんこうけんにするというアイデアもあったけど、後で請求されるに決まってる。どうしたもんか。

出した最良の結論は、「披露宴の最中、地味にうんこをもらす」で、お前の結婚式で俺うんこを地味にもらしたるでな!覚えとけよ!っつったらそれだけは勘弁してください。本当にすみませんでしたと謝ったので許すことにしました。こうして友情は復活したのです。めでたしめでたし。

ログ

Powered by NINJA TOOLS