うさぎブレイバー: 2011年3月アーカイブ

2011年3月アーカイブ

ACのCMがうっとーしーとか、みんなそんなこというなよ。ACだって、好きであんなに垂れ流してるわけじゃないんだろうし、仁科だって無駄に有名になって戸惑っているはずさ。

ところでやっぱ一番耳に残るのが「ぽぽぽぽ~ん」で有名なアレだと思うんだけど、あのキャラで「さよなライオン」ているじゃないすか。あれが、かわいそう。

あいさつをするとともだちがふえるよ!あいさつはたいせつ!って趣旨のCMだということは理解できる。けど、こんにちワンやありがとうさぎに対して、さよなライオンて出会った瞬間に別れを義務付けられた存在だとすれば、悲しすぎる。

たぶん仲間内で飲み会とかやっても、「おまえ、さよなライオンじゃん、帰んなくていいの?」って言われたり、帰り際に「ほら、決めセリフ!さよな?さよななんだっけ?」とか言わされるに決まってる。女にふられる時も、「あなたは、さよなライオンだから。。」とか意味わからん理由でフられるに決まってる。

さよならという言葉を背負って生きていくのは、あまりにも酷だ。重すぎる十字架だ。って思ったよ、ぽぽぽぽ~ん!

日本が大変なことになっていて、東京中で「節電!節電!」てなってる。大規模停電だー!っつってみんな必死で節電して、停電を免れた!とか、ええ話やん。映画みたいやん。

会社が「とっととかえれ!」というのでとっとと帰り、んで自宅にいても「節電!」てなるのでなんもできない。電気の明るさを絞り、様々な機器の電源を落とし、細々とテレビを見るだけの暮らし。これもお国のためと、寒さに耐える。

インターネッ子ちゃんを奪われ、飲みに行くことも許されない。最後に残されたのは、ギターを手にすることだった。俺はこんな状況でも、ロックの心を忘れちゃいない。アンプにはつなげないけど、かき鳴らすぜ、復興の旋律をよぅ!ってギターを手にしたところ、嫁から「うるさいんでやめろ」との厳命が下る。まだ一音も鳴らしてないのに。

して、この状況で私ができることは「眠ること」だけになったため、これもお国のためと言い聞かせ、私は眠りについたのでした。こうなったら、俺の地味なガマンが東京の停電を防いだ、ってことにしておきたい。せめて俺の心の中だけでも。

いよいよ花粉が本格化だわ。毎年毎年、「今年こそ花粉症が治っているに違いない!」っていう希望的観測を、見事に打ち砕かれるわ。鼻水とまらんわ。

でも、今日みたいにめちゃくちゃに花粉が飛び交う前から、もう花粉を感じる!って人いるよね。えー、まだ花粉飛んでないでしょーって時から「感じる、わかる!」って。敏感な人が。

俺の友達にもひとり、花粉に敏感なヤツがいるんだけど、これが普段は「こいつ日本人じゃないんじゃないのか」って思うくらい大雑把だから腹が立つ。食べ物はすぐこぼす、どこでも屁をこく、ケータイも落としまくりで傷だらけ。そんなヤツが花粉に敏感だってのが納得いかない。お前もっと、他に繊細になるべきポイントがあるだろ!って思っちゃう。

っていうのを今日、本人にぶつけてみたら「あー、でも俺乳首は敏感やで」って、聞いとらんわ!

ログ

Powered by NINJA TOOLS