うさぎブレイバー: 2011年10月アーカイブ

2011年10月アーカイブ

第一回結婚記念日を迎えました。まー畜生の私ですから、土日も好き勝手に遊びまわりますし、仕事終わりに飲んでかえったり。ってことで結婚記念日くらいちゃんとやろう!と奮起してみました。

で、当日。奥様は所要で外出、22時ごろにしか帰れないと仰るので、「じゃあ帰りがけに電話してよ!」っつって、近場のちょいオシャレ居酒屋予約。心優しい後輩が「俺らも駆けつけます!一緒に盛り上げます!」て言ってくれた。感涙。

んで、こっそりとプレゼント購入して、自宅のぬいぐるみにそれを抱かせ、居酒屋へ移動。帰宅したらぬいぐるみからサプライズプレゼント、やったー!って段取り。我ながら、がんばっとるわ。自分のことだけどちょいキモだわ。しっかり自覚しとるわ。

で、居酒屋で後輩と合流。「奥さんいつ来るんすか!」っつんで、いやそこはちゃんと電話かかってくる段取りになっとるんよ、とか話してたら嫁から電話。

「今家なんだけどさ、今日なんかあるんだっけ?」

 
 
 

すべてのサプライズが崩れ去る瞬間。この話を後輩にしたら、「えー、俺らケンカの現場に居合わせたくない!」って言い始めた。ちょっとまってー!わかった、俺が笑顔なら済む話だから、おれがんばるから!

っつって再度奥様にお願い。「えっとさ、今○○にいるから、そこに来てくれない?っつか帰るとき電話してっつったよね?」「だって荷物重いんだもん。早く帰りたかったし。」「ギギギ。。」

ぐっとこらえて合流。奥様なんかしらんけど、ぐでんぐでんに酔ってる。そんな中後輩からサプライズでお花をもらって最終的には良い感じ。その場は。

だけど、プレゼントを抱えていたぬいぐるみは特に役目を果たせず。だって奥様いっぺん帰宅してるから、もうバレとるしね。滑稽な気持ちで帰宅し、サプライズで準備していたプレゼントには「あ、これ見つけたんだけど、プレゼントだよね。空けちゃダメかな、と思ってまだ見てないよ!」と前向きなコメントを頂きました。

来年こそは、だがしかし。

先輩のお誕生日プレゼントに、官能小説を買うことになったよ。何をプレゼントすればいいか考え抜いた末にたどり着いた答えが官能小説だったんだ。きっと喜んでくれるさ!

して、官能小説なんか買ったことないので「俺官能小説好きっす」という後輩(天才)をつれて書店へ向かう。川崎駅近辺で一番デカい本屋はちょっとマジメな雰囲気で、ビジネス書がズラズラーっと平積みされているんだけど、30手前のおっさんふたり、書店を突き進み、官能小説を探す。

「ありました!先輩ありましたよー!官能小説!こっちこっちー!」って大声で呼ぶ後輩。ちょっと、まじでやめてくんないか。どれがいいかわからないから、とりあえず2冊選んでよっつったら「わかりました、ちょっと、読んでみますんで!」って読み始めた後輩。真剣そのもの。

20分くらい読み続けてるからちょっともう、いい加減選んでくれよって頼んだら、「短編集を一冊買いましょうか、この手のモノは、趣向と合わなかったときけっこうキツいんですよ」って、至極全うな、けれどよく考えたらクソどうでもいいことを語る後輩。「ほんとはフランス書院のやつがいいんだけどな~。知ってますか?官能小説をメインで扱う出版社です」しらねえよ。

そしてお会計。購入することだけでもなんか気恥ずかしいのに、「誕生日プレゼントなんだし、ラッピングしてもらいましょうよ」と抜かす。アグレッシブすぎる!ちょっと、それはカンベンしてー!ってなったのだけど「先輩だらしねぇ」っつってレジに並び、「ピンクの紙でラッピングしてもらえねえすか?」と頼む後輩。こいつ、やっぱり天才か。

そんなわけで無事に購入できたのだけど、なんかぐったり。ちなみに興味に負けてちょっと俺もちょっと読んでみたんだけど、ふつうに文字で「あッ・・・はうッ!!」みたいなことかいてあったよ。後輩は「!」の多さとかで興奮するっていってた。世の中上には上がいるって思い知らされたわ。

ログ

Powered by NINJA TOOLS