うさぎブレイバー: 2011年12月アーカイブ

2011年12月アーカイブ

ことしは鈴木福くんと芦田愛菜ちゃんがいっぱいテレビにでたね!ふたりともかわいいね!

かわいいとかどうでもええわ。福くんと愛菜ちゃんがたまにキャッキャしてるところがワイドショーとかで出ない?あれが気になる。だってさ、子供ってのはすくすく育つんだよ。あっというまにちゅうがくせいになる。そして男と女になる。大変だ。

俺が想像してるのは、福くんがこの流れでそのまま愛菜ちゃんのことをマジ好きになってしまうんじゃないかってこと。でも俺思うんだ。その頃には、愛菜ちゃんはもうすでにひとりの女性になっているような。そうなったら傷つくのは福の方なんよ。負け試合なんよ。

きっと愛菜ちゃんはある程度大きくなって、大変なことになってるんじゃないかな。最悪、マコーレー・カルキン的なことになるかもしれない。芸能界ってのは大変だ。そのとき、福は自分の無力さを知る。女ひとりもモノにできない自分、救えない自分、なにが天才子役だ、俺はちっぽけな存在でしかないじゃないか。そうやって、落ち込んでいくんだろうな。

傷ついてボロボロになって、場末のバーでウイスキーを片手に今日も涙を忘れる。そんなときに、バーの有線で、みんな知ってる大ヒット曲が流れる。

「♪まるまるもりもり みんなたべるよ つるつる てかてか あしたも はれるかな~」

マスター!止めて!


ずいぶん前に、新人さんと飲む機会があった。で、俺たしかそこで金八の話した。金八すげえ、金八最高、みたいな。むしろ俺、金八になりてぇー!ぐらいのこと言った。加藤ぅー!とか言った。言ったわー。おぼえとるよ。

そしたら俺、その場にいた新人さんと会うたびに「あ、金八さん」て呼ばれるようになった。職場で。まー後輩に完全にナメられていることは間違いないのだけど、100歩譲ってそれは良いとしても、金八って呼ばれるのは俺には重過ぎる。

今後俺がもし出世していったとしても、俺の部下はよその部長とかに「お前らは腐ったミカンだ」とか言われるかもしれないし、妊娠して縄跳びを続けるかもしれないし、ドラッグに手を出すかもしれない。俺はその全てを受け入れることができるんだろうか。
部長や社長を相手に、「若輩者が言い過ぎるかもしれませんけれども!」つって、食ってかかっていけるだろうか。でも、金八を目指すって、そういうことだよな。

そして還暦を迎えたころに、またモメごとに直面した俺を、きっと過去の部下が助けてくれるんだ。「金八っつぁんを困らせると、3Bが黙っちゃいねぇぞ」っつってな!でも俺を職場で「金八」と呼ぶのはやめてください新人さん。はずかしいのです。

ログ

Powered by NINJA TOOLS