うさぎブレイバー: 2012年1月アーカイブ

2012年1月アーカイブ

出張からの帰り。東京駅で新幹線から乗り換えて、たまたま空いてた座席にぼすんと座る。あー早く帰って風呂でも入りてぇーっつって。

そしたらね、ひとりヘンなおっさんがいたよ。ずーっと独り言をいってる。けっこーでかい声で「なんだお前ら!」「アタマにくるな!」「ちくしょうバカヤロウ!」とか。めんどくせぇ。若いサラリーマンが「やんのか?」みたいにつっかかっていきかけたけど、ほっとけよ。イライラするだけのエネルギーが無駄じゃないか。

4駅ぐらい進んでもおっさんの独り言は続いてる。ちくしょうこの車両ハズレだなーって思ってた瞬間に、おっさんの声色が変わって、こう言ったんだ。

「・・セックスは良いよぉ・・。・・セックスは・・。」

一瞬耳を疑った。えー!おっさんどうしたの。何に思いを馳せたの!?車内にヘンな雰囲気が漂って、対面に座ってる知らないお姉さんと目があった。いや、目があっただけなんだけど、必要以上に恥ずかしいっていうか、なんかドキドキしてるよ俺!お姉さんもそうだったんじゃないのか。なんだこのシチュエーションは。

そのあとさっきまでのおっさんにもどって、降りるまでずーっとぶつくさ言ってた。おっさんから学んだことがある。日常にいきなり「セックス」という単語がポーンと放り込まれると、みんなどぎまぎするってこと。そして俺はその瞬間をくれたおっさんに少しだけ感謝しているよ。サンクス!

ウチはオーブントースターでパンを焼くのだけど、奥様が高確率でパンを焦がす。

でね、私理系の人間ですからね、ロジカルに考えてしまうんです。オーブントースターの目盛りを「3」の設定しておけば、パンが焦げることはないんです。「3」以上にするから焦げるわけですね。そしたら、「3以上まわしちゃいけないよ」と忠告するわけです。

しかし、忠告後も3回に1回くらいの頻度でパンを焦がす。いい加減俺もアタマにきちゃって、「ふつうオトナは焦がさないから!パンを!」とか言ってしまった。奥様は「せっかく焼いてあげたのに!」てなる。人はこれを、戦争と呼ぶ。

んでもまあ折り合いをつけて過ごして、パンのことを忘れかけていたけど、今朝またパンが焦げた。俺は「なにやってんだよもう!」という顔をしてしまったし、奥様は「ああ、またこいつにゴチャゴチャ言われるんかな」とげんなりした面持ち。だけどお互い朝から戦争したくないので、無言で朝食をとる。日本一気まずい食卓が、ここにはある。

もしいまドラえもんが俺になんでも出してくれるというなら、パンが焦げないオーブントースターがほしいと言う。夫婦が仲むつまじくやっていくためには、パンは焦げてはいけないのだ。

職場が変わって、通勤時間が今までの3倍ぐらいに伸びた。まあ通勤時間を理由に会社を辞めるほど俺もアホじゃないので、おとなしく満員電車に揺られて着々とサラリーマンらしくなってきてるよ。

満員電車苦手だけど、嘆いていても仕方ない。この状況をどう楽しむかって方向へシフトして、すごいニオイを放つおっさんに着目してみたよ。

昔友達が「ずっと屁みたいなニオイがするおっさんがおる」って言ってて、んなバカな!って思ったけど、いた。出会った。ずーっと屁みたいなニオイがした。この人は細く長く屁をこく技術を身につけたんだろうか。だとしたら、その技術は賞賛に値するよね。技術大国ニッポン。

普通に屁をこくおっさんもいるね。強烈だ。こないだ特にガっとくるタイプの人がいて、まあ一時的なもんだって耐えてたんだけど、4駅ぐらいずーっとニオイを放ってた。つまり4駅ぐらい、定常的に屁をこいてたってことだよねたぶん。こういう拷問があったらきついなーって思った。すぐに味方のアジトの場所を吐いてしまいそうなほどきつかった。なにごとも経験だ。

ほかにも、化学実験みたいなニオイがするおっさんがいて、アンモニアっていうかなんていうか、えーなにこれ。すごい!みたいなニオイを発してた。うまく表現できないんだけど、ケミカルさがシャープでソリッドなやつさ。おっさんて、すごいんだね。俺はまだまだだ。

仕事の都合でいままでとは違う場所へ出勤することになったんだけど、ちょっとヘンピなところにあるので乗り換えがたいへんだ。

JRを使って出勤って方法もあるんだけど、JR混むんじゃないの?ってことでうまいことJRを使わない方法を選択。渋谷乗り換えチャレンジ。で、乗り換えってまあまあシュッとできるもんだと思ってたんだけど、渋谷の副都心線てすげー遠いのな!地下鉄っつってもあんな地下だとは思わなんだわアホ!ってことでこのルート却下。

次、四谷を使うルート。これ、乗り換えにかかる時間はまあぼちぼちなんだけど、南北線と丸ノ内線の乗り換えポイントエスカレーター近辺、台風か!ってくらい風吹いてる。なにこれ。欠陥住宅か。すんげー寒い。日本で一番寒い場所は?って聞かれたら「四谷のエスカレーター!」って言いたいくらい寒い。

なんだよー、出社たいへんだわー!って話を後輩にしたら「JR意外と空いてますよ」だって。えー!最初でミスってる俺!

あけましておめでとう。今年は不幸自慢からはじまるよ。

年末に友達とサッカーして、足首ボリーン捻った。笑えないくらいの激痛だったんだけど、なんか雰囲気壊したくなくて「だいじょぶだいじょぶー!」とかいってちょっと続けてみたけど無理で、「あ、ちょっと大事取るわ!」とかいって休んだ。

翌日からもうね、足おかしい。ナスみたいに腫れてるし、ナスみたいな色してる。あれ、俺正月に向けてナス育てた?って足になってる。普通にあるけない。こらあかんわ。

新年明けて仕事が始まっても痛い。自然にあるけない。まっすぐ歩いてる人にあこがれたのは初めての経験だわ。後輩にも「なんでそんなヒョコヒョコ歩いてんすか」とか言われちゃった。はずい。「いや、年末、足ボリーン!いったのよ」つったら「ボリーン!てどんなんすか」て言うのだけど、あっれー?伝わらないかしら?

もう一回言いますよ?足ボリーンいったんすよ。左足。伝わるよね!?

ログ

Powered by NINJA TOOLS