うさぎブレイバー: 2012年2月アーカイブ

2012年2月アーカイブ

ニュースで「美容師さんがトークを学ぶ教室」ってのを紹介してた。カリスマ美容師とか言って騒がれてた時代もあったけど、やっぱ客商売だしちゃんと客と話ができないとダメ。だからそれ専用の授業があるんだってさ。

逆に考えると、お互いのためにこちらも美容師さんの話を膨らませることが大切なのでは、と思うわけです。エラいね俺。客として優秀だわ。磨きをかけないでいい部分を磨こうとしてるわ。

なので、「今日このあとどこかへ行かれるんですか?」「なんか明日雨らしいですね~」「バレンタイン、どうでした?」みたいな美容師が発しそうな会話キッカケテンプレートに対する回答をまあまあ準備していざ美容室へいったよ。じゃあまず髪濡らしちゃいますねーっつってシャンプー台に通されて、ギャル美容師の第一声が

「なんか~、アタシ今日右足がずっと吊りそうなんすけど~、これなんなんすかね」

あ、無理めなやつ来たわ。想定外のさらに外だわ。

美容室のトークマニュアルいっぺん俺に見せろよ!このあとの模範解答持って来い!と思ったけど、そこは俺だってプライドがある。「あ、もしかして運動不足気味ですか?」とか「美容師さんも立ち仕事だから足疲れちゃいますよね」とか言った。言ったはずだ。このフィールドで中盤は俺一人だったけど、ゲームを組み立てようとした。努力したんだ。

で、最終的には「ま、だいじょぶっす!気合っす!」とか言って会話終わったので、多分俺の負け。きっと次こそは、だがしかし。

ニュースで「けいおん!」ってアニメのおかげで女子高生の軽音楽部員が増えてるとか、軽音楽部のある高校が増えてる、ってのを2回みた。夜間のニュースと朝のニュースでみたので、たぶんマジなんだろう。

俺がちゅうがくせいの頃、地元のド田舎でロックに憧れたよ。でも周りにギターやってる友達なんていないし、雑誌買ってきてそこに載ってる「初心者セット!」みたいなギターを通販で買って練習した。「ブドウカーン!!」つって。「アリガト!トーキィオー!」つって。ひとりで。

まあ学生なんてヒマだし、俺モテないし、やることないから修行のように練習したよ。あのモチベーションがどこから沸いて出たのかわからないけど、いつかはモテたかったってことだろうね。
先に言っとくけど、ギターなんてモテないよ。居酒屋で笑いが取れるほうが100倍モテる。おっちゃん30年生きとるからな、若い皆さんはがっかりせずに先輩が語る真実として受け止めてほしい。

そういう暗黒時代を経ていくのが軽音を志す者の宿命だと思ってたのに、なんだか最近の高校生はふつうに部活としてやってるし、昔みたいに「エレキギターは不良!」とか言われないし、あわよくばそこで彼氏までつくっちゃうんだろうな!
そんなヤツに、哀愁のメロディが弾けてたまるかってんだよ。ギターの音色ってのは6本の弦を通して出る人間性なんだぜ?

それでは次の曲、聴いてください。「ほんとはうらやましくて」。

ハゲてきた。気がする。

明日交通事故に遭って死ぬ、と思いながら生きている人はいないはず。確率の問題だ。日本で1日に交通事故で何人かが亡くなるとしても「自分じゃないだろう」と思ってみんな過ごしているはず。そんなもんだよ。

だから、俺はハゲないと思ってたけど、鏡を見てたらわかんないぞ、もしかしたらもしかするのかもって思い始めた。気になり始めたら、街の景色が変わった。あ、あの人キてる!あの人は完全にイってる。あの人の隠し方うまいな~!みたいな。

慌ててスカルプDを買いに行った。よーし!これで俺はもう、ハゲないぞ!って思ってたんだけど、人に聞いたらそれでもハゲる人はハゲるらしいとか、やっぱり食生活でしょとか、豆腐がいいらしいとか、男性ホルモンをへらす薬があるとか、なんかいろんな情報がいっぺんに入ってきた。えー、ぜんぶためしたいけど、どうしたらいいの!?

という精神状態なので、「日本ハゲず教」みたいな宗教があったら入信してしまいそう。こわいよー。だから誰か、「君はハゲじゃない!」って言って!俺に、俺だけに!

ログ

Powered by NINJA TOOLS