うさぎブレイバー: 2012年3月アーカイブ

2012年3月アーカイブ

美容室に予約。今日カットだいじょぶですか?って電話で聞いたら「あー、んー、ちょっとまってください」って言われたあと「あ、はい、だいじょぶです」って。お前それだいじょぶじゃないだろ。一抹の不安がよぎるけど、いまさら「やっぱやめます」なんて、言えなくて夏。

で、行ってみたら案の定激混みなのな!お前らこの状況のどこがだいじょぶなんだよ。優しい嘘が一番傷つくって気づけよ、恋とかで!時間通り行ったのに、待たされる。しかも立って。今日しっぱいだー!

で、やっと通されたと思ったら、「んじゃまあ、シャンプーからやっちゃいましょうか」って、えー!セオリー無視、ルール無視!シャンプーって後半戦じゃないと、切った髪の毛が、「ハイ、たおしま〜す」。

で、シャンプーしてからさらに30分くらい待たされてさ、せっかく濡らした髪もカラッカラ。霧吹きみたいなので髪濡らしなおしてカットして、進捗60%くらいのとこで「一回髪流しま〜す」って、またかよ!頭ワッサーやられて、細かい毛が俺の顔面に飛び散ってる。流してドライヤーして、また切る。絶対順序間違っとる!

帰り際、「ワックスやめときます?」って、いや俺このあと出かけるって、さっき話しませんでした?プリーズワックスミー。ワックスかけてもらって、出先で嫁と合流して、今日美容室でたいへんでさー、ったら「いやその前に、顔、毛だらけ」って。

もう30歳も近づいてきて、しっかりしなきゃいけなくなってきた。おとなになるには訓練が必要で、俺はそれをサボってきた。サボってなにしてたかって、君がアクセスしているこのサイトが、サボりの集大成さ!

で、やれセミナー出たりテキスト本を読まされたのだけど、たどりついた答えのひとつが、「大切なのは、決める力」ということです。おれいまからかっこいいこと言うよ。替えのパンティを準備して続きを読んでね。

物事を組み立てて考えるとか、知識増やしてアイデアを広げるとか、もちろん大切なんだろうさ。でもロジカルに固めないと、知識がないと、何事も判断できないようじゃむしろただのクズだろ?昔の偉人がこういってた。「参考書をもって挑んだんじゃ、一生謎は解けぬ」。

「決める」ってのは「背負い込む」ってことさ。なんでもかんでもうまくいくわけじゃない。だけど人生は2択の連続だ。「俺は、こちらの道を進む!もし想像よりもイバラの道だとすれば、イバラを踏み潰して進もうぞ!」と。こうでないと、物事ってのは進んでいかない。改めて言うよ、「大切なのは、決める力」だ。

で、ひとつ決めたことがあるんだけど、結婚しよう。

 
 
 

ってプロポーズを考えたんだけど、どうだろうか。(♪愛にしゃぶ~りつ~いたんさ~い)

ランチに、小さい海鮮料理居酒屋にいった。アジのタタキと塩焼きセット頼んだのだけど、料理がでるまでけっこー待たされちゃって、しっぱい。でもまあ、そういうこともあるかーって待ってた。

そしたら後ろに座ってたおっさんがキレた。「いつになったら出てくるんだよ!料理が!」って。まあ、それだけだったら100歩譲ってキレたことも理解できるんだけど、「待たされるのが一番イヤなんだよ!」「あいつの料理はもうできてるじゃないか!」って散らかし始めたのであーてなった。

怒鳴り散らしちゃってどーすんのよこの雰囲気。俺はおっさんの激昂でランチがまずくなるほうがイヤなのだけど、まあ、そんなこといったらケンカになるんだろうなあって思ってみてた。店長も店長でさ、バイトのやつに「ホールなにやってんだよバカヤロー」とか言っちゃうの。えー、なんかこの店、失敗したー。

静まりかえる店内にかかったBGMはマキシマムザホルモン。「♪チューチュー ラブリー ムニムニ ムラムラ プリンプリン ボロン ヌルル レロレロ!」。もうどうしたらよいかわからなくて、僕は、泣いた。

ケガをしてるとか、いつ痛みが出るかわからないとか、そういう状況を「ヒザに爆弾をかかえている」とか言うよね。キャプテン翼でサッカーを学んだ俺としては、大事な試合でケガをしていることが一流選手の条件なんだ。かっこいいね、翼くん。

しかし、実際に爆弾をかかえるとこれがすげーダサい。年末に足首をひねって、そのうち治るだろと思ってから早や3ヶ月。左足首が痛いまま。調子悪いときは、おじいちゃんのように階段を下りる。なにやってんの俺。

30歳目前にして、一気にこんなに老いるとは思わなかったよ、どうしたらいいんだろう。俺はサッカー選手でもないのに足首に爆弾を抱えて、じじいのように歩いている。そう遠くない未来、「ヒザが痛い」とか「腰が冷える」とか、しまいにゃ「メシはまだか?」だの「味噌汁がしょっぱい」だの言い出すんだろうな、俺。

よし、切り替えて、「ワシが死ぬ時は、あんたに看取ってほしいんじゃ、光子さ~ん・・。」て言う練習をしよう。いまから。

引越したのだけど、引越し先のすぐ近くにファミレスがあるよ。

新しい街に住んで、ラーメン屋やら洋食屋やら、いろんな店を試したい。ファミレスなんて興味ない。と思ってたけど、休日の朝にファミレスでフレンチトーストでも食べながら本を読むのも素敵かな~ってことで、いってきた。

で、びっくりしたけど、店員が100%オバちゃんなのな!オバちゃんが小奇麗な制服をむっちむちに着こなして接客してくれる。学生バイトがんばれよ、早く起きろよ!

席についたらやっぱりオバちゃんがメニューをもってくるんだけど、そのセリフが衝撃で、「で、今日はなんにします?」っていうの。なじみの定食屋か。こっちは初めて来た店だし、フレンチトーストでも食おうと思ってたのに、なんかだいなし!

まあそうはいうものの、ちゃんと朝ゴハン食べて、コーヒーをゆっくり飲みながら本でも読んで、いざ帰るときもレジはやっぱりオバちゃんなんだけど、そのオバちゃんがすげー巨乳だったので、なんかもう、ムカムカしちゃって。その巨乳、要るー?て思っちゃって。

アトラクションとしてはとても優秀でしたけどもね、土曜日の朝。

望んじゃいないのに、毎日毎日遅くまで仕事仕事。夜も深い時間に、とぼとぼ歩いて帰宅。

そしたらね、最寄り駅から自宅まで、たまたま女の人と帰り道が同じになってるってことに気づいた。数メートル先を歩いてるお姉さん、こんな遅くまで大変ですね、おつかれさま。

そしたらさ、お姉さん自販機の前で止まった。ああ、ジュースでも買うんですね。でもおかしい。選んでるだけで、サイフを出さない。あれ、この人なんだろ、自販機マニアか?って思ったんだけど、まあいいやと思って追い抜いて。

ああ、そこで気づいたけどお姉さん、俺をやり過ごすためだけに自販機の前に止まったんだよねたぶん。つまり、俺を変態野郎だとおもってきもーい!つって先行かせたんだよね。

って思って曲がり角の手前で振り返ったら目が合って、きまずい!なんだよー、お前は俺が怖いのかもしれないけど、俺だってお前が怖いよ!バカー!

ログ

Powered by NINJA TOOLS