うさぎブレイバー: 2012年5月アーカイブ

2012年5月アーカイブ

仕事でおそくなっちゃって、クタクタ。電車の座席に座って、最寄り駅。ああ、寝ちゃってたのか俺。慌てて電車を飛び出た。

で、飛び出て気づいたんだけど、ケータイがない。あっれ?どっかで落としたかな?と思って振り返ると、さっき座ってた席に俺のケータイが座っていらっしゃる。
その瞬間に電車のドアが閉まりそうになったから、慌てて手を突っ込んで、無理矢理乗車しようと思ったんだけど、駅員がすっ飛んで来て「そういうのが一番困るんですけど」みたいに結構傷つく怒られ方して、電車から引きはがされた。
いや、あの、ぼくの、ケータイが。何も言えなくて、俺。俺の目の前で、俺のケータイが横浜方面へ出発した。バイバイ!深夜24時過ぎ。

めんどくせー!駅の窓口でケータイ無くしましたっつったら向こうも慣れたもんで「オッケーオッケー」みたいな対応なのな。「じゃ、適当な駅で探させるからそこで待ってて」って。え、えーっと、今日中になんとかなるもんなんすか?

15分くらい待たされて「3駅先で見つかったよー」だってさ。ラッキー!じゃあ、週末にでも取りにいきますわー!っつったら「いや、保存期間は明日までだから」って、お前アホか。いま24時過ぎてんだぞ。「まだ終電までちょっとだけあるから」って。いや、それを分かった上で、今日はアタシ、帰らなきゃ。。ごめんね。

とは行かず、「ギリいけるよ」みたいな励ましを受けて回収。駅員、バカヤロー!サンクス!

引越してしばらくたって、だいぶ落ち着いた。んで今日、街の小さなお店でランチを食べたよ。少しずつ、街になじんでいかないとね。

そこのマスターが、30年住んでるっていう大ベテランで、やれこの辺は昔、畑ばっかだったんだぜとか、あそこのファミレスつぶれるぜとか、いろいろ教えてもらった。で、この辺では地域の運動会があって、町内会費を払ってれば誰でも出れるんだって。

なんかさ、地域になじむ為に手っ取り早い方法って、英雄になることだと思うのね。まあ最上の例だと、車に轢かれそうになった子供を助けるとかね。んで、まあまあ現実味があって、かつ結構手堅いのが、地域の運動会で活躍でしょ。バチコーン勝って、地域の奥様にむちゃくちゃモテて、酒飲みのおっさんに「大将!来年も頼むぜ!」なんて言われたい。

ってことで色々聞いたら、どうやら俺の住む街は第三地区チームらしくて、第三地区は万年ビリなんだって。舞台は全て整った。俺は秋の運動会で、この地域の英雄になってみせる。それまで人知れず、トレーニングを積むんだ。

でも逆にリレーですてーん転んで、地域で「あそこの旦那超だせぇ」みたいなこと言われたらもう引っ越すしかない。なので、トレーニングと並行して引越し資金もためとこう。

ログ

Powered by NINJA TOOLS