うさぎブレイバー: 2013年1月アーカイブ

2013年1月アーカイブ

友達が家においでよ、って誘ってくれたのでいってきたよ。一戸建ての娘ひとり、息子ひとり。すごいね、お父さん、がんばっとるね。

で、娘に気に入られた。「あそぼ、あそぼ!」というのでなにして遊ぶ?ときくと昔懐かしいブロックが出て来た。いつの時代も子供はブロックで遊ぶんですね。
そしたら俺に「なんか作って、なんか作って」というのだけど一緒につくろうよ、というと「むずかしいからできない」という。だいじょぶだよー、できると思っていればどんなことだってできるんだぜ?兄ちゃんが手伝うから、一緒につくろうよ!俺自分で言いながらカッコいいな〜って思った。

「んとね、じゃあヘリコプターつくりたい」

へ、ヘリコプター!?

以前ね、電車にぼっすーん座ってたら、おっさんに怒られた。「目の前に妊婦さんいますよ」って。おっさん酔っぱらってたし、大声で言うの悪意丸出しやんけ、と思ったりもしたけど、俺も人の子だから妊婦さんには席を譲ろうと思った。反省した。

でも以前にトラウマがあってさ。まあまあの混雑具合の電車でおばあちゃんに席ゆずったことあるんだけど、座ってもらった次の駅でほとんどの人が降りて電車ガラガラになったのよ。座席空きまくりで、座るおばあちゃんと立つ俺。いまさら座るのもなんかプライドが許さなかったから立ち続けた。こういう人間が、総合的に人生損するんだぜ、覚えとけよ若者。

で、こないだ。俺の隣におばあちゃん座ってたのよ。そしたらおばあちゃんが目の前にいる子連れ(4歳くらい)の母親に「あー、お嬢ちゃんここ座って座って!」ってなった。お母さんも「いやそんな、結構ですよう!」みたいな感じになってさ。そのよこでぼっすーん座っとるのよ、俺は。

えーじゃあ俺立ち位置的には俺は母親に席譲らないといけないのー!?ってなんか、ちょっと目きょろきょろさせちゃって。結局それが言い出せずに、横に4歳児座って、僕は横浜方面へ向かって、泣いた。

あけましておめでとうございます。
昨年30歳になってね、俺ももうだいぶ丸くなったんです。もーね、ぜんぜん怒らない。怒りをエネルギーにしてこのサイトを続けてきたのにね、こんなザマですよ。


話変わりまして、昨日結婚式があって、終わったあと久しぶりに会う面子で飲み行くかーってなったんだけど、「もう後輩が別の店で飲んでるらしい」というので、そこに合流させてもらうか、って話になった。

で、連絡したら「地図送ります」ってんでしばらく待ったところ、GoogleMapを拡大した状態のキャプチャ画像をメール添付してきた。現在地も分からないし、拡大されすぎてて地図としてものすごい狭いエリアなので全く役に立たない。

あれ、この子バカなの?と思ったけどももっかい連絡して店の名前教えてーっつったんだけど、店の名前もよくわかってない。「えーっと、ホリ?モリ?なんだっけ?がはは」とか。

もうこの時点で結構イラっとしてたのだけど、奇跡的に場所を見つけた、入店。「お客様もう満席でしてこれ以上入れません」だとさ。俺が?さっきから?「行くよ」って伝えてたのに?ですよ?

ハイ切れた。お前何年社会人やってんだと。店の場所は100万歩譲っていいとして、俺らが行くっつってんのに満席てどういうことだと。そんな仕事やってっからお前はダメなんだと、学生時代から変わりねぇと。もうね、ボコボコにしてやったんですよ。ものの20秒くらいで。なんか落ち込んでたけど、30近い男がそんなことで落ち込んでんじゃねぇぞコノヤロー!くらいの気持ちで店を出て別の店で飲んだ。


まあね、でもね、反省してる。30歳になって怒らないとかいって、えげつなく怒ったからね。ただ、ボコボコに叱りつけた後輩が昨年離婚したことについて、「そんなだから嫁に三行半突きつけられるんやぞボケがー!」って言わなかったので、私もオトナになったな〜って思いました。2013年スタート!

ログ

Powered by NINJA TOOLS